教育と進路

02 - 教育と進路

獨協コース

獨協コースとは何か

1.獨協コースの目的と特徴

 獨協コースは、獨協大学(教務部)を中心に運営される高大連携教育プログラムです。
 
 コース設置の目的は、受験教育にとらわれない教養教育を自主的・能動的に追及する機会を高大教員が連携し、生徒に提供することにあります。このコースでの学びを通し、文化や社会への問題関心を強く持つ、学びに意欲的な生徒が多く生まれることが期待されます。

 コース選択者は獨協大学への推薦入学を保証されつつ、以下に示す3つの特徴を持つ教育プログラムを実践します。2には大学教員も本格的に関わり、生徒指導にあたります。

  1. 討論に代表される各種の参加型授業
  2. 論文作成(人間の営み全般に正面から向き合い、問いを立て、妥協なき調査と考察により、答えを出す実践)
  3. 多くの読書(本校司書2名の全面的サポートに加え、獨協大学図書館と蔵書の年間利用が可能)

2.進学要件、進学できる学部・学科

 獨協コースに在籍する生徒は、上記の目的達成のため、読書記録(学科ごとに指定された図書の内30冊分)と論文(16000字以上)の提出を経て大学入学に至ります。生徒たちは実質1年間を費やし、文献読破、諸調査、論文執筆に取り組みます。

 本コースに在籍することによって進学できる学部コースは以下の通りです。

学部

学科

外国語学部

 ドイツ語学科

 フランス語学科

国際教養学部

 言語文化学科

法学部

 法律学科

 総合政策学科

 国際関係法学科

経済学部

 経済学科

 経営学科

 国際環境経済学科

3.本コースに進むには

 2年次進級にあたって文系コースを選択する必要があります。その上で、高校3年次に本コースを選択することによって進むことが出来ます。


  ※学科ごとに設定された成績基準がある。但し、経済学部は成績基準を設定していない。
  ※出席状況が良好であることが条件とされているため、一定数を超える欠席や遅刻早退がある場合、
     本コースに進むことが出来ない。また、3年次にも同様の制度があるため、欠席や遅刻早退が一定数を超えた場合、推薦資格を失う。

4.年間予定

 2年次

 10月〜

 

 高大連携コース説明ガイダンスを契機に指導スタート(読書・題目指導)

 3年次

 4〜7月

 夏休み

 9月

 10月

 12月〜

 

 

 

 

 1月

 2〜3月

 

  「題目・章立て発表会」に向けた準備、章立て完成者は執筆開始

  文献の読破、現地調査、ヒアリング調査など。学園祭演劇上演の稽古

  学園祭で古代演劇上演

  大学にて、論文中間発表会

  卒論第一次提出

     ↓

  大学教員による指導(学部によっては、第一次発表会)

  卒論最終提出へ

     ↓

  全学部 正式発表会

  不合格者への指導 ⇒ 再提出、再発表

5.2017年度 在籍生徒 論文題目一覧

進学先学科 タイトル
ドイツ語学科  フェリックス・メンデルスゾーンはどのように評価されてきたか
 なぜドイツの「統合コース」は機能しなかったのか
経済学科  八ッ場ダムの何が問題か
 イスラーム復興運動はなぜおこるのか
 育児不安の根本的原因 〜専業主婦と就業女性の比較を中心に〜
 子どものための養子縁組制度の在り方
 日本の少子化政策の問題点 〜支援制度の在り方を考える〜
 日本に難民を多く受け入れるためにできることは何か
 婦人保護施設はなぜ機能しないのか
 戦後インドの経済改革 〜独立後から新経済政策まで〜
 近代の性別役割分業はどのように根付き、論争されてきたのか
 岩槻の人形産業が発展した理由は何か 〜岩槻人形保護の強化につなげるために〜
 日本の労使関係に関する一考察 〜アンドルー・ゴードンの所説を中心に〜
 教育格差についてどのように論じられているか
経営学科  低所得者が安心して暮らすための住宅政策とは
 日本のスポーツ文化を豊かにするためには 〜企業によるマイナースポーツ支援策を考える〜
 男性の育児休業取得率の上昇を目指すためには 〜新たな管理職の在り方、イクボスから目指す〜
 介護離職を減らすための制度の在り方
 若者たちを実質卒業に転落させないためには〜若年の大卒者が正規就職に向かうための提案〜
 共働き世帯の男性の家事参画をいかに実現するか
 新規就農者を増やすには
 内部告発を組織の改善に生かすには
国際環境経済学科  ハイチ共和国の貧困を今より軽減させるためには 〜隣国ドミニカ共和国と比較して考える〜
 イラク戦争から見えるネオコンとは
 日本の母子家庭はなぜ貧困になるのか 〜フランスの家族政策から解決策を考える〜
 サンゴ礁保全が国民レベルで行われるためには
 健康を守る働き方とは 〜同一労働同一賃金の導入に向けて〜
法律学科  登録文化財制度は近代建造物保存に有用か
総合政策学科  日本の公共放送に問題点はあるか  〜BBCとの比較〜
 日本に積極的安楽死法は必要か 〜世界から見る日本における死ぬ権利についての考察〜

 

 

● 2017年度以前の在籍生徒 論文題目一覧 ●

6.古代演劇上演の取り組み

 本コースでは2008年度(第1期)以来、学園祭での古代劇上演の試みを継続してきた。現在では、獨協コースと言えば古代劇といったイメージが高校内でも定着しています。

▲ このページのトップへ