新着ニュース

18 - 新着ニュース

サンフランシスコ語学研修便り

 2017.08.05

1日目(7月15日)サンフランシスコへ行ってきます!

成田空港での集合写真

サンフランシスコでの語学研修が始まりました。
成田空港を離陸した一行は、機内で1泊して、無事にサンフランシスコに到着しました。生徒はみんな元気です。

2日目(7月16日)ホストファミリーと初対面!

サンフランシスコ市内のホテルで1泊した後、ホテルからバスで各自のホストファミリー宅へ行きました。とても緊張していましたが、学校で勉強して来た英語を使って、しっかりコミュニケーションが取れていました。

3日目(7月17日)ドミニカン大学に初登校!

プレイスメントテスト

プレイスメントテスト

本日は、ドミニカン大学ELSで午前中にクラス分けテストがありました。スピーキング、ライティング、リスニング、グラマーの能力を測り、この結果によって、どのクラスに入るか決まります。高いレベルのクラスに入る為に、生徒は一生懸命テストを受けていました。

キャンパスツアー

キャンパスツアー

午後は現地の学生にキャンパス内を案内してもらいました。日本の学校とは違う施設や、自然に囲まれたキャンパスの雰囲気に驚いていました。

オリエンテーション

英語でのオリエンテーション

キャンパスツアー終了後は、留学中の過ごし方について英語でのオリエンテーションがあり、説明を必死に聞いている姿が印象的でした。

サン・ラファエルにて

サン・ラファエルにて

最後にドミニカン大学の近くにあるサン・ラファエルという街を散策しました。みんな英語漬けの一日にクタクタなようでしたが、街で食べたアイスが疲れた心身を癒してくれました。

4日目(7月18日)クラスが分かれて、初授業!

アカデミック・オリエンテーション

昨日行なったプレイスメントテストの結果により、レベル別にクラス分けされました。
今日から台湾人や中国人、香港人、ブラジル人、そしてフランス人などと机を並べ、英語を本格的に勉強します。
今回は110(12段階中上から3番目)に入った生徒が2人いました。これは、過去には例がない好成績だったようです。
それぞれの初めての授業の感想としては、「簡単すぎる」や「結構大変」など様々でしたが、充実した1日が送れたようです。

5日目(7月19日)少しずつ慣れてきたアメリカでの生活

サッカーをして気分転換

今日で5日目です。
最初は、大学にバスで来ることも出来ず、教室の場所さえも分からなかった生徒たちでしたが、自分の力だけで行動できるようになってきました。中には、放課後にサン・ラファエルの街に出かけていった生徒もいます。ジムを利用している生徒もいるようで、勉強で疲れた頭をリフレッシュさせていました。

6日目(7月20日)ファーマーズ・マーケットで異文化を体験!

ファーマーズ・マーケット

放課後にサン・ラファエルという街で開かれたファーマーズ・マーケットに希望者で行ってきました。
各国の食べ物や果物、野菜、洋服などを買う事ができ、さらにジャズやバラードの演奏などもあって、マーケット一帯は活気に溢れていました。
生徒たちも、様々な食べ物に舌鼓を打ち、楽しそうでした。

7日目(7月21日)金曜日の過ごし方

授業の様子

アメリカに来て1週間が経ちました。すっかりアメリカの生活にも順応して、毎日を楽しく過ごしています。
授業の様子を見てみると、スマホを使って英語で物の名前を話したり、特定の表現を覚える為にたくさんペアワークを行なったりと、英語を使う活動がたくさんありました。
さて、実は金曜日の授業は午前中のみで、午後はフリータイムなのです。街にショッピングに行く人もいれば、ジムのプールで楽しんでいる人もいるなど様々でした。

8日目(7月22日)アメリカでの休日

本日は、学校の授業がなく、1日フリーでした。ESLが主催するオプショナルツアー(Livermore city観光)に参加する人もいれば、サンフランシスコにバスで買い物に行く人もいます。また、ホストファミリーとゆっくり過ごしたという人もいました。各々がアメリカでの休日をエンジョイしています。

9日目(7月23日)アルカトラズ島観光ツアー

船内にてドミニカン大学の学生と

 希望者のみですが、サンフランシスコのアルカトラズ島に行ってきました。この島は世界で最も有名な刑務所があった島で、アル・カポネなど矯正不可能な囚人が服役し、脱出不可能な場所として有名です。今では、アメリカが管理する観光地になっています。
 島へは船で行きます。船内では、軽食や飲み物を買うことができ、生徒たちは、サンドイッチやホットドッグなどを食べていました。ちなみにこのようなツアーでは、ドミニカン大学の学生がお手伝いに一緒にツアーを回ってもらいます。

アルカトラズ刑務所を見学

アルカトラズ島の刑務所は、ヘッドフォンの音声ガイドに従って、グループになって行動をします。このように元々使われていた刑務所に入る機会が一度もなかったので、みんな興味深げに音声ガイドを聴いたり、写真を撮ったりしていました。
 アルカトラズ島観光のあとは、Pier 39という観光地でお昼ご飯を食べたり、ショッピングをしたりしました。多くのお店がありますが、中でもBoudin Bakery Caféのクラムチャウダーが有名で、参加した生徒の多くが食べていました。
 明日からは、またESLで授業です。英語の勉強に、観光に、とても充実した日々を過ごすことが出来ています。

10日目(7月24日)サンフランシスコ語学研修、半分が終わりました!

授業の様子

日本を発ってから10日が経ちました。ちょうど、研修の半分が終了し、授業にもすっかり慣れてきました。ESLの授業では、レベルによって行なうことは様々ですが、生徒にとっては既習のことが多いようです。ですが、既習事項を英語で説明されて、実際使ってみるという練習までを行なうことで、より一層理解が深まっているかと思います。
 今週末はプレゼンテーションを行なうクラスが多いようです。一生懸命頑張って努力の成果を発揮できたらいいですね。

11日目(7月25日)コーヒータイムで一休み

コーヒータイムの様子

 午前中の授業の合間にコーヒータイムがありました。みんなでドーナッツを食べたり、ジュース・コーヒーを飲んだりして、リラックスできました。中にはドーナッツを4つも食べた人もいたようです。朝からずっと英語漬けの生活をしているので、お腹がすくのでしょうね。

コーヒータイムにて

コーヒータイムの後半は、ESLのスタッフの方々が、なぞなぞを出してくれたり、プレゼントが当たるくじ引きをしてくれました。みんな、楽しそうでした。

プレゼンテーションの様子

午後の授業は、プレゼンテーションを行ないました。ノートにびっしり英語を書いて準備をしている人もいて、今まで勉強してきた成果を発揮していました。日本でもプレゼンテーションは行なっていますが、アメリカで行なうとまた違った感覚で授業に臨めたようです。

12日目(7月26日)アメリカへ留学するには?

留学オリエンテーションの様子

お昼休みに、ドミニカン大学に在籍する方による留学オリエンテーションが行なわれました。アメリカの大学(ドミニカン大学を中心に)についてと、アメリカの大学に入学するための方法についての説明に、出席した人は一生懸命耳を傾けていました。日本へ帰った後は、進路について色々と考えなければいけない段階に来ている生徒たちにとっては、とても勉強になる内容でした。
 ドミニカン大学にいるのも、あと1週間となりました。生徒たちが少しずつたくましくなっていく姿に目を細めながら、とても貴重な1日1日を大切に過ごして欲しいと思う今日この頃です。

13日目(7月27日)現地の大学生と交流しました!

English Clubでの様子

 ドミニカン大学ELSプログラムには、授業のあとに様々なオプショナル・アクティビティがあります。アクティビティに関しては、オフィスの近くにある掲示板を各自が確認をして知ることになります。本日の放課後は、現地の大学生とゲームを通して交流をするEnglish Clubがあり、獨協埼玉からは2名が参加していました。ELSの授業ではこのような機会がないため、とても良い経験になったのではないでしょうか。

14日目(7月28日)ディズニーランドへ出発!

高速道路の休憩所にて

本日の午後、待ちに待ったディズニーランドへバスで出発しました。約9時間の道のりでしたが、バスの中でのみんなのテンションは高く、ディズニーへの想いがほとばしっている様子が見られました。

アメリカの高速道路

アメリカの高速道路を走ってきたのですが、周りの景色が日本とは別物で、砂漠地帯のようなところもあれば、谷間を通る場所もありました。ESLで英語の勉強をしっかりするだけでなく、このように異文化を体験することもとても良い経験になりました。

15日目(7月29日)夢の国を満喫しました!

ディズニーランドへ出発!

今日はディズニーランドで1日自由行動でした。ロサンゼルスのディズニーはカルフォニア・アドベンチャーとディズニーランドの2本立てとなっており、生徒たちは行ったり来たりしていました。
 ファストパスを取りに走り出す人もいれば、のんびり歩いて周る人もいて、楽しみ方も様々です。ここでしか乗ることの出来ないアトラクションもあったようで、何回も乗っていました。お土産もたくさん買ったようで、帰り道は満足した様子でした。

16日目(7月30日)これは誰の手形?

ハリウッドで集合写真

ロサンゼルスからサンフランシスコへの帰り道、ハリウッドへ行きました。ハリウッドと言えば、世界的な俳優・女優がレッドカーペットの上を歩いて行く様子を想像するかと思いますが、多くの観光地があります。

チャイニーズ・シアター

そのうちの1つが、チャイニーズ・シアターです。ここはハリウッドスターの手形・足型で有名な場所で、ジョニー・デップやアーノルド・シュワルツェネッガー、トム・ハンクス、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソンなど、10代の生徒たちでも知っているスターの手形・足型がありました。 また、ラ・ラ・ランドという大きなお土産屋にも行き、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

17日目(7月31日)家庭訪問

 ELSでの生活も残すところ3日となりました。本日の放課後に、生徒が各家庭でどのように過ごしているかを見るために、家庭訪問がありました。2家族の様子を見させていただきましたが、とても充実したホームステイが出来ていることが確認出来ました。また、家の作りや食事の仕方など、日本とは違う点を体験出来ているようです。この研修は語学学習がメインではありますが、異文化を体験する良い機会にもなっています。

18日目(8月1日)大リーグ観戦!

大リーグ観戦

本日の放課後、希望者のみで野球観戦に行きました。アメリカは野球の本場なので、スタジアムの雰囲気だけでもワクワクしました。結果はサンフランシスコ・ジャイアンツがオークランド・アスレティックスを10対4で破りました。ホームランが4本も飛び出した乱打戦になったので、野球に詳しくない人でも楽しめました。

19日目(8月2日)ありがとう、ドミニカン大学!

卒業式集合写真

今日でドミニカン大学ELSセンターでの授業も終わりです。午前中のみの授業を終えて、生徒たちは卒業式に出席しました。英語のみで行なわれる授業を6時間受ける生活もこれで終わりです。
 卒業式のあとは、ケーキや果物を食べながら、お世話になった先生方、スタッフの方々、海外の友達と歓談をして、別れを惜しみました。

20日目(8月3日)さようならUSA!

サンフランシスコ空港

今日はホストファミリーとお別れの日です。3週間という短い間でしたが、お世話になったホストファミリーには感謝の気持ちでいっぱいです。多くの生徒は「ホストに会いにまたアメリカへ行きます!」と言っていました。
 空港では、フライトまで時間があったので、免税店へ行ったり、お土産屋に行ったりと最後のアメリカでの時間を満喫していました。

21日目(8月4日)無事に帰国しました!

帰国後集合写真

日本時間午後3時30分、無事に成田空港に到着しました。今回の海外研修で大変お世話になった方々へ感謝を申し上げ、生徒たちは家路に着きました。
サンフランシスコ語学研修を通して、生徒たちは英語の勉強だけでなく、異文化の生活を体験しました。この経験を今後に生かしてほしいと思います。

▲ このページのトップへ