高校入試情報

語学教育・国際交流プログラム

外国語教育 5 つの特長

1.検定・資格 英検、GTEC、TOEICに対応。

英検、GTEC、TOEICといった、一定レベルのス コアを取得すると大学入試に利用できる英語外 部試験の対策にも力を入れています。

 

1・2年次 の夏期講習には「英検対 策講座」が設けられてい るほか、獨協コースには TOEIC対策の授業も用意 されています。

2.6人のネイティブ教員 英語でのコミュニケーションは日常的に。

英語を母語とする教員6名を相手に、生徒たち は普段から英語での会話に親しみ、正しい発音 に触れられます。

 

これによって受験英語ではなく 「実践的な英語」の習得を 後押し。

英語でのコミュニ ケーションに付きものの 抵抗感や照れくささも払 拭できます。

3.ドイツ語の専任教諭 3カ国語を知ることで海外への視野を広げます。

ドイツ語の専任教諭が在籍することは、ドイツと 縁の深い獨協埼玉ならでは。

生徒は3年間でドイ ツ語を最大6単位取得できるほか、大学レベルの スピーチコンテストにも積 極的に参加。多言語に触 れることは多様な文化に 触れる手段。多様な価値 観を育む一助となります。

4.英語の5技能 英語へのモチベーションを大事にします。

「聞く」「読む」「話す」「書く」といった4技能を 磨くことに加えて、英語学習へのモチベーション を高める取り組みを重視しています。

英語でのプ レゼンテーション、映画や ドラマなど教科書以外の マテリアルの採用、英語で の多読なども、その一環 です。

05.英語表現力の向上 状況に応じたフレキシブルな対応力を。

高校2年次には、週2回、アウトプットを重視し たオールイングリッシュの授業を、外国の教材を 使い少人数制で実施します。

 

与えられた状況で どのような対応が求めら れているのかを理解し、ラ イティングやスピーキン グの形式で適切に表現する方法を身につけます。

グローバル人材を育てる語学、国際交流活動

国際交流プログラム

日常の延長にあることで、海外訪問や留学がより身近に。

獨協埼玉には、2年生の希望生徒を対象に、米国大学での3週間の語学研修が用意されています。また、オーストラリアとドイツにある2つの海外姉妹校とは、春と秋に生徒が互いの学校を訪問する「姉妹校交流」を隔年で実施しています。海外訪問を特別なものではなく、身近なものとして体験できるのが大きな特長です。

Dominican University of Californian University of California アメリカ・サンラファエル市/3週間

世界各国からの200人以上の 生徒と、多国籍クラスで授業 を受講。

「1家庭に1日本人」 というルールのホームステイ で、英語をすぐに実践できま す。

大学街の散策、大リーグ 観戦と楽しみも満載です。

Penola Catholic College オーストラリア・メルボルン市/2週間・隔年

多文化共生社会の先端を行く国にあり、40カ 国以上の国籍の生徒が在籍。

 

現地生徒宅での ホームステイで、 国・人種・文化 の違いを越えた 同世代交流がで きます。

Steinbart Gymnasium ドイツ・デュースブルク市/2週間・隔年

自由選択科目で履修したドイツ語を活用する絶 好の機会です。

 

また、英語力の高いドイツの生徒との交流を通 じ、独英2言語の 語学力を磨くこ とができます。

  • 高校入試申し込み
  • 中学入試申し込み
  • 教職員採用情報
  • 進学データ
  • クラブ活動
  • 環境・施設
  • 各種動画紹介